アラスカ旅行
アンカレジ〜マッキンリー〜キーナイ半島 
(2005/5/24作成)



2005/5/16〜5/22にかけて、アラスカに行ってきました。学会のついでの小旅行でした。それほど時間も無く、中途半端な旅でしたが、それなりに楽しめました。
一応自分が忘れないためにもここに旅行記としてまとめておきます。


5/16 アイダホ→シアトル→アンカレジ(移動のみ)

5/17 タルキートナー〜デナリ州立公園
09:30am ホテル出発(レンタカーで移動)
12:30pm タルキートナー着−昼食と町中散策
02:00pm デナリ国立公園・マッキンリー山方面へドライブ
03:00pm デナリ州立公園(国立公園の南部)の展望台よりマッキンリー山を見て引き返す
05:20pm パルマーにあるジャコウウシ牧場(Musk Ox Farm
06:00pm アンカレジのホテル着
08:00pm 日本食レストラン・やまや
10:00pm ホテル着

アンカレジから北部への一日観光(野生動物とマッキンリー山)

アンカレジから400kmほど北に行くと、デナリ国立公園という有名な国立公園があります。デナリとは現地語でマッキンリーのことです。ここの目玉は、北米最高峰のマッキンリー山と、熊やヘラジカ(ムース)などの野生動物です。デナリ国立公園までは遠すぎたので、手前にある町「タルキートナー」に訪れた後、州立公園(国立公園南部)のあたりで引き返しました。
州立公園に入る手前あたりから、ムースが道の脇に現われ出しました。ムースは以前、イエローストーン国立公園で探しても見れなかったんだけど、アラスカではかなり一般的に見ることができるようです。そして、マッキンリー山を望む展望台。北米最高峰と言っても、曇りのために山腹しか見えませんでした。ウワサによると、マッキンリー山のあたりはとても雲が多くて、頂上まで見渡せる日はすごく少ないとか。



帰りには。パルマーという町にあるジャコウウシ(ツンドラに住む野生牛)を飼育している牧場に立ち寄りました。ツノが独特で、身体はバイソンに近いかな?




5/18 仕事

5/19 仕事

5/20 アンカレジ〜キーナイ半島
09:30am アンカレジのホテル発(レンタカー)
10:00am 朝食(@Snow City Cafe)
01:30pm ポーテージ着・ポーテージ氷河クルーズ
05:00pm スワード着・夕食(@Chinook's)
07:00pm イグジット氷河を見に出かける〜スワード町中散策
10:00pm スワードのホテル(ハーバービュー・イン)着

氷河観光

この日はまず、ポーテージという湖で氷河クルーズを体験しました。湖に氷河が流れ込んでいて、たまに、ザッバーンと氷河の大きなかけらが剥がれ落ちます。氷河のきれいな色と、目の前で湖に剥がれ落ちる氷河のスケールに圧倒されます。とても良い経験ができました。
次に、イグジット氷河という、氷河の先端まで歩いて行ける氷河を見に行きました。氷河を近くで好きなだけ見れて、また触れて、こっちもすごく良かったです。

氷河は、温暖化で急激に減少しているようです。今回行った2つの氷河も、毎年目に見えてやせ細ってるとのことでした。氷河観光、早いうちにする方が良いかもしれません。





5/21 キーナイ半島〜アンカレジ
09:10am スワードのホテル発
19:30am 朝食
10:00am アラスカ・シーライフ・センター見学
12:15pm キーナイフィヨルド国立公園クルーズ出発(12:45〜4.5hr)
06:00pm スワード発アンカレジへ
09:30pm アンカレジ着空港へ

フィヨルドクルーズ

キーナイフィヨルド国立公園というところで、海の野生動物を見るクルーズをしてみました。ラッコが船を見つけて並走してきたり、トド?がたくさんひなたぼっこしてたり、たのしかったです。遠くにシャチも見えました。アラスカって自然が豊富なんだなー、と思いました。




5/22 アンカレジ→シアトル→アイダホ(移動のみ)