大きくなったらなりたいもの  (2011.5.21)


僕にとって衝撃だったことは、子供が1歳か2歳の時かな?「大きくなったら何になりたい?」と聞いたら、「みそ汁」と答えたこと。
僕なんか、面白いこととか奇抜なことを考えよう、考えよう、としても、全く考えれないのに。
子供の発想はすごく自由で、面白いです。

その「みそ汁」が、やがて「パテシエ」になり、5歳の今では「モデルを踏み台にしてアイドル」だから。
成長するというのは寂しいことだ。
ただ、今の時点でアイドルだったら、今後それ以上ミーハーな感じにはならないだろうなー。



僕は、やっぱり憧れる職業というのは、魔法使いですね。

ドラえもんの映画で、確か昔、「科学の代わりに魔法が発展した世界」みたいな設定のやつがあったんだけど、おそらくその影響です。
魔法って、頑張れば使えそうな気がします。

確かに、王子様をカエルにしたり、人をパッと消したりする魔法は無理でしょうね。
あんまりそっちのほうに進むと、ウィザードじゃなくてマジシャンになってしまいそう。
はーい、今日は今からこのお姉さんを消しちゃいますよー。しっかり見ててくださいねー。種も仕掛けもありませんよー。
なんか、魔法使いってあごひげを伸ばすイメージで、マジシャンは鼻の下にひげをちょびっと付けるイメージ。

魔女の宅急便とかハリーポッターみたいに箒で空を飛ぶのも肉体的には無理っぽいなー。
精神的になら、幽体離脱みたいな感じで空を飛ぶということは可能かもしれない。

それとか、火炎魔法とか。ドラゴラムとかも無理っぽい。
けっこう、どう頑張っても無理そうな魔法が多いですね。やっぱりいかにも魔法使いっぽい魔法は難しいかもしれない。


でも、たとえば、魔法の呪文を唱えると雨が降ったり。魔法の薬で誰かを病気にさせたり、病気を治したり。結界を張ったり。
そういう、魔法とか、呪術とか、民俗宗教あたりの境界領域のもの。そういうのは、可能じゃないかな?

例えば漢方薬なんか、RPGの世界では魔法の範疇になってても全くおかしくない。
「王女様を目覚めさせるためには、橋を渡ったそのまた向こうに咲くという、月見草が必要じゃ!」みたいな感じで。
それで、橋を渡ると敵が強くなるから、まずはレベルアップしたり装備を高めたりしてから、月見草を取ってきたら、大魔法使いがトカゲのしっぽとかと一緒に窯でグツグツ煮て、魔法の薬をつくるんだよ。
これって漢方薬を飲ませているだけかもしれない。


何年か前に死んだ僕のおばあちゃんは、かなり魔法を自由に操っていました。
僕が子供の頃の記憶だからけっこう曖昧だけど。確か毎年、11月11日には、半紙に左手で「十一月十一日」と書いて、それを家の玄関とか窓とかに逆向きに1年中貼ってましたね。
確か、泥棒が来ないように結界を張ってたんじゃないかな?おかげで僕の家には、泥棒が来たことがありません。

後は、十五夜の時にススキを1升ビンに飾って、その1升ビンの水は1年間取っておいて、それでやけどとか治してたし。
便秘なんかも、僕はおばあちゃんの呪文で治してもらってたし。
ウチのお茶の間の壁とかトイレの壁は、呪文だらけでしたね。
後は鬼が来ないように、庭にヒイラギを植えていました。今気づいたんだけど、きっとウチは鬼に狙われていたんだろうね。それをおばあちゃんが必死に守っていた。
ちょうどおばあちゃんが死んだ時、実家は新しい家に引っ越しました。


後は、おそらく実現可能な魔法、というか、すでに古来から使われ続けている魔法は、占いですね。
占いは魔法じゃないのかな?占うだけだから。でも魔力とは関係ありそう。

タロット占いとか。
占いだったら、三国志の孔明とかも、実際にバンバン天気や人生を占ってますからね。


昔、僕は仏教系の中学に行ってたんだけど、コックリさんが一時期流行ってました。
数珠をしながら友達とコックリさんをしていると、僕の数珠のヒモがバチン!と切れて、数珠玉がそこらじゅうに飛び散りました。
それ以来、コックリさんはやってません。あれ、○○○さん、って「さん付け」のネーミングだから結構マイルドに聞こえるけど、実はかなり怖いんですよ。
あんまりのめり込むと、魔界への扉が開いてしまったりとか、する可能性は十分あると思います。


どうすれば魔法を使えるようになるかというのは、んー、きっと知ってる人もたくさんいるんだろうと思うけど、僕はまだ知りません。

大学時代、アパートで、カメハメ波の練習は友達としたことあるんだけどね。
カーテンを閉め切って、テーブルにろうそくを並べて、カメハメ波で何本消せるか。あれは手が痛くなったし、全く効果は無かった。

魔法は、、、どうやって習得するんでしょうね。

多分、魔力を高める石とか、色とか、形とか、食べ物とか、いろいろあるだろうから、そのあたりで環境改善とか体質改善を図るのか。
でも逆に魔力を弱めるグッズや環境もたくさんあるでしょうね。
僕の予想では、科学的なものとか、電気的なものとか、大量生産品とか。これは魔法の力を弱めるでしょう。
普段、こういうのに囲まれて生活してるから、魔法が使えないんだよねー。