ねずみの嫁入り  (2011.5.28)


去年の子供の幼稚園の劇は「ねずみのよめいり」でした。
かわいいねずみの「チュウ子」がいて、お父さんが世界で一番強い人と結婚させようと思って、太陽にお願いに行きます。そうすると太陽は、「自分より雲の方が強い−太陽は雲に隠されてしまうんだ」と言います。雲のところに結婚のお願いに行くと、「自分より風の方が強い−雲は風に吹き飛ばされるんだ」と言います。それでは、と風のところにお願いに行くと、「自分より壁の方が強い−風は壁に跳ね返されてしまうんだ」と言います。そして壁のところにお願いに行くと、ちょうどその壁をカリカリ削ってネズミのチュウ太が出てくる。そしてお父さんは、「ああ!世の中で一番強いのはネズミだったんだ!」と納得して、チュウ子はチュウ太とめでたく結婚です。

童話作家を目指す僕としては、この「ねずみのよめいり」は本当に教科書のようなすばらしい物語です。まずネズミとか動物を擬人化するのはごく普通の手法だとして。ネズミを太陽と結婚させるとか。これは全くありえないですね。ありえない設定とストーリー進行こそが童話の醍醐味。僕がチュウ子のお父さんなら絶対に太陽とは結婚させたくない。チュウ子が黒焦げになっちゃうよ。

学生時代、外国で一時期ネズミのいっぱいいるアパートに住んでいました。ネズミはオーブンの下がお気に入りみたいで。いつもオーブンの下からピョコっと顔を出してきょろきょろして。そして僕が動かないとわかるとチョコチョコ出てくる。かなりかわいかったんだけど。
ある日、オーブンでピザを焼いて、焼きあがるのを楽しみにしつつビールを飲んでたら、オーブンからすごーく何とも言えない、動物の焼け焦げるにおいが・・・
まあオーブンと結婚するネズミもいるようだから、太陽と結婚するネズミもいるかもしれない。
ちなみに電子レンジにゴキブリが入ってたこともあって、レンジでチンした後に、レンジのふたを開けると中からゴキブリが元気に出てきました。ゴキブリってどんな仕組みになってるんだ?この世で一番強いのはゴキブリかもしれない。チュウ子のお父さんに教えてあげなくては。

さてさて、ネズミの嫁入りの話。太陽から続く良くわからないストーリー展開もすごいです。太陽→雲→風→壁→ネズミって、客観的にみると、強さ的に、明らかにどんどんグレードダウンしていってるんだけど。実はみんなチュウ子と結婚するのが嫌だったんでしょうね。そして変な理屈をこねて他人に押し付ける。でもチュウ子のお父さんはかわいそうに、みんなに言いくるめられちゃって、たらい回しにされながらどんどんわけのわからない方向に向かっていく。ある意味、人間社会でも見られるシチュエーションかもしれません。嫌な仕事を押し付けられそうになって、「いやー、私なんかにそんな大役、とてもとても務まりません。どこどこの○○さんは、若いんだけどとても才能があって・・・」みたいな感じで。自分より役不足の人を無理やり持ち上げて押し付ける戦法。これは今後、「ネズミの嫁入り戦法」と呼びましょう。

太陽から続く一連のたらい回しの中で、僕が特に注目しているのが壁です。壁はすごい。壁なんかと結婚して、楽しいのかな?ねずみの嫁入りの話的には、どうせなら壁とチュウ子を結婚させてほしかった。壁とネズミで、どのような幸せを築けるのか?太陽とか雲とか風だったら、なんとなくネズミとの幸せな結婚生活を描くこともできそうな気がするんです。チュウ子が風に乗ってデートしたり。チュウ子が死んだあとには千の風になって子供たちを見守ったり。でも壁はどうだろう?壁の横に、チュウ子がいます。ずーっと。何年も。壁は無口だけど本当に優しくて。チュウ子を守ってくれて。でも本当に無口で。全く動かないし。そして千の壁。これで完壁。


よく字を見てくださいね。完璧(かんぺき)じゃなくて、完壁(かんべき)と書きましたよ!
辟の下が、玉じゃなくて土なわけ。璧と壁、似てるから騙されたでしょう? せっかくだからこの完壁(かんべき)も、流行語にしませんか?この世で一番強いと思っていた壁がネズミに穴を開けられるように、カンペキだと思ってたのに玉じゃなくて土を使っちゃったために結局駄目だった。詰めが甘かった。という場合に使いましょう。使用例:「それって完壁ですね!」「これで完壁だよ。」
まあ、カンペキなようでカンペキでない、という意味では、「ほぼカンペキ=カンベキ」としても良いでしょう。今度から、「これでほぼ完璧(カンペキ)!」と言いたい時には、「これで完壁(カンベキ)!」と言い切りましょう。

ということで、ネズミの嫁入りも、やっぱり壁で終わっちゃったら完壁なわけで、完璧にするにはもう一歩、最後の詰めが必要だったんだね。それで登場したのがチュウ太です。チュウ太とチュウ子が結婚して幸せに暮らして、やっと物語が完璧になるんだね。でも実はこの話には未公開の後日談があって。

チュウ太とチュウ子は幸せな結婚生活を送っていて、やがて2人の間には子供ができました。2人はその子供に、2人の名前から1文字ずつ取って、「チュウ太子(たいし)」と名付けました。チュウ太子殿下は大志を抱いて北海道大学に進学したものの体脂肪の問題で体調を崩して中退し、その後お経を戴して大師になり、天竺への行く手を阻むチュウ国(チュウゴク)の大使に敵対し、大死して千の壁になりました。千の壁はやがて線の壁になり、チュウ国を囲み、後の世で「万里の長城」と呼ばれるように。

またチュウ太子の死を、太陽と雲と風が悲しみ、晴れた空から雨が降りました。それを人々は「ネズミの嫁入り」と呼びました。大地には風が流れ、時の流れとともに言葉が変わり、ネズミの嫁入りはやがて「キツネの嫁入り」と呼ばれるようになりました。これでやっと完壁。

なお、チュウ太子がお経を戴して大師になっていた時のこと。ある年のはじめ、チュウ太子が牛に乗ってお釈迦様への新年の挨拶に行き、お釈迦様の前にチュウッ!と飛び出たところ、十二支の一番初めがネズミになったとかならなかったとか。そして牛が「モーっ!」と怒ったとかおこらなかったとか。それ以来牛がモーと鳴くようになったとか。さらに3番目に到着したトラも「タイガイにしとけよ!」と怒ったのでトラはタイガーになったとか。更に時が流れてタイガーは炊飯ジャーを作り米を炊き、ネズミは米をかじり、人は米を食べずに牛肉を好んで食べ、米国は牛肉を輸出し、中国は炊飯ジャーを輸入し、という複雑な現代社会の流れに続いていくんですが、この話はまた別の機会に。